横浜っというより保土ヶ谷の三味線屋 ほのぼの店員ニキタケシの徒然日誌
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017年の総括
押し詰まってまいりました、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今年を振り返って…



今年はヒマだったなー
今はたまたま仕事が重なり重なってアホみたいにバタバタしてるけど…



なんか去年の流れで闇雲に営業で動き回ってもアホらしく感じ意味もないと思い始め、今年は割とおとなしくしていたのだがやっぱり営業は大事だ。

来年は闇雲にはやらないけど自分のイメージに合ったピンポイントで動き回ろうと思う



皮の話だがやっぱり現在、質は落ちてる感が否めない。

最初から結果を求めるプロの耳だとかなり厳しいものもあり。。

だからと言って皮を仕入れないというのも 皮を作ってる業者に辞められるのも困るし回転をよくする為に定期的に仕入れて現地の皮職人のスキルアップ、皮の質も進化してもらわないと今後お先真っ暗になってしまう

このバランス感がなんとも世知辛い。。



そういったこともあるので私も微力ながらに皮の回転になんとか貢献したいものだ

追伸
誤解しないで頂きたいのですがコレはコレでアリな音です、私が欲張りなだけです

続きを読む >>
2016年の総括
押し詰まってまいりました、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今年を振り返って



今年前半期、この業界がダメになるのかなと思うくらいヒマだった

その反動なのか後半期はこの変な天候も手伝ってか修理の量が去年の3倍近くあった

仕事としては大変凄く有難くお店としても大変助かった話なのですが、やっぱり去年より増して変な天候でした、とにかく夏以降の湿気のクセが半端なかった
続きを読む >>
三味線の弾き方〜どうしたら上手く弾けるか ※加筆訂正 2016 Ver
ブログチェックしてたら結構前に書いたこの記事が一番読まれてると…。
あまりにも恥ずかしいのと消してしまおうかと思ったが、もったいないので2016年度バージョンにと加筆訂正してみました。。



どうしたら上手く弾けるか

今でもお店、出先でお客様とかに聞かれます。





三味線…弾く方ってそんないないけど少〜しずつ増えてきていますね。街でも弾いてる方をごくたま〜に見かけるようになりました。

それはそれでお店としても大変喜ばしい事です



そして 弾き方も音も人それぞれ個性的です
続きを読む >>
2015年の総括。
押し入ってまいりました、皆様如何お過ごしでしょうか?



とにかく今年の天気はおかしな事になってましたね。

今年を振り返って…

いろんな事がありました。

まず三味線の命でもある皮が止まった。
原産国のタイにおいて犬の皮が全て止まった。



タイランドに住んでいる友人からスカイプで

「テレビで犬皮工場の差し押さえ、従業員逮捕という公開処刑をやってるよーW」

っというお知らせ。。

何年か前に外人がタイランド、犬食文化のある東北の方でその姿をSNSにUPしてちょっとした騒ぎになった。
それがきっかけに政治も動き今回の事になったと個人解釈(まだ色々あるけどね)。
そんな事があり当時からいつ止まるんだろうと心配してはいたが、そんなXデーなる3〜4月にすべて入荷されなくなるという…
続きを読む >>
2014年な総括。
押し迫ってまいりました。皆様如何お過ごしでしょうか?

今年を振り返って…



とにかく動き回った一年でした。まだやり残してる事もある…
計画的にやったつもりだが、抜かりなくのつもりが抜かった状態。
体がもう一個欲しい。



っとあるお客様のとこに三味線修理引き取りに行ってしばらく談笑っというより馬鹿話した後の帰途。
続きを読む >>
2013年の総括
押し迫ってまいりました。皆様如何お過ごしでしょうか?

今年を振り返って…



今年はいろいろあったような気がするが…

懇意にしていただいた方々にはもうご存知と思いますが
9月に当店社長、そしてオヤジが亡くなった。

これが一番デカい。他の出来事が霞んで思い出せないくらいだ。



続きを読む >>
2012年の総括
押し迫ってまいりました。皆様如何お過ごしでしょうか?

今年を振り返って…



仕事の方は…引き続き不景気だねぇ…(汗。



でも三味線やりたいっという方って身近なところでも結構いらっしゃいますのでこの業界の発展の為にもそのへんは頑張りたいと思います。

続きを読む >>
2011年の総括
押し迫ってまいりました。皆様如何お過ごしでしょうか?

今年を振り返って…



仕事の方は3月の震災からもっと不景気になっていまい…芸能関係の方々は景気がよくないと成り立たない商売であり…それが成り立たないとウチのような商売はまったく成り立たない商売でもある(汗。

今年はホント大変でした。3〜5月が絶望感が凄かったような…



あっ俺のバネット(日産車。ただ今ローン支払い中。。)がウチの工作員植木の運転中にフロントガラスにヒビが入り、植木との仲もヒビが入りそうになった…
続きを読む >>
駒の・・・すべらない話??
たまたまお客さんに音色について聞かれ、その例え話が面白かったのでひとつ。

ギターにはヴォリュームの他、TONE(トーン)という音色の調整が出来るのですが、ギターに例えて駒でTONEを絞ったような音を出せる駒はないかと聞かれました。



エリッククラプトンのウーマントーンみたいなイメージの音を出したければこんな駒と連想出来たのでそれはそれで事なきを得ました。



さて、三味線の駒のTONEの話。個人的主観にて。

その前に後の文章の為に…

【参考サイズ表】

其の壱 巾8mm弱 長さ72mm強 ※普及型

其の弐 巾6mm弱 長さ62mm強

其の参 巾10mm 長さ65mm


それでは本題。

象牙、牙、鼈甲、煤竹、黒竹、白竹、紅木、スネイクウッドなどの材料でどんな音色になるかは作ってみないとわからないのですが、駒のサイズ(多少高さも影響しますが…)と形状で決まってきます。音色は大体予想はつきますが。

駒のサイズ、皮に接してる面積が狭ければ狭いほどTONEフルのような硬め(エッジの効いた)の音色が出るように思います(参考までにサイズは上記の「其の弐」くらい)。ほんのり甘い音を出したければ上記の「其の壱」くらいのサイズが。

マイク拾いの良さそうな駒は、駒の巾があればあるほど音の硬さは取れてくるので音も拾いやすいイメージがあります。

やはり駒はいろんな形のをいっぱい持っててもイイと思います。
極端な話、使える駒かどうかは別として、小唄用の駒でも地唄用水牛駒でも有りだと思います。



「其の参」は音色に巾が出るのですが、ギターでいうところのTONE 0まではいかないくらいの甘い音色が出ます。

当店で販売してるスピードプロ駒は2つの形があってAタイプ(通常型)とTタイプ(プロモデル)があるのですが、赤・黒・白の3種類、それぞれ音色の特徴が違います。A型よりT型の方が音色の巾はあります。
続きを読む >>
【漫画】 ましろのおと / 羅川真里茂
先日の展示即売でお客様(三代目角田洋若 ※民舞家元)からコレ面白いから読めっと言われて頂いたもの…



以前からこの漫画の存在を知っていたがこの漫画のペンタッチが苦手で見ずにいたが、展示即売の店子中あまりにもヒマだったので見てみた。

以外に面白いやないか


いわゆる津軽三味線の青春モノだが


気持ちが移る。



心臓の音・・・



ザンッザンッザンッってどんな音やねん。私のイメージではあの先生の音か…




ちなみに先日の地元チャリティーイベントに出る時、気持ちを高ぶる為この漫画みてから出演しました(汗。

結果…観て頂いた方から聞いたとこ、いままで演った中でのベストテイクだったそうな(笑。





2011年5月現在、講談社から3巻まで出てます。面白いので是非、買ってみて下され。